スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勝手にPV】繰り返し一粒【ちょこっとアニメ】 の解説


前回の記事でいった、「繰り返し一粒」のオリジナルPVについての解釈です。
リンク↓
【勝手にPV】繰り返し一粒【ちょこっとアニメ】


猫虫Pの「繰り返し一粒」の切ない雰囲気は残しつつも、相方と私のオリジナルなものが作りたかった結果できあがったストーリーが「人間に恋した人形のお話」でした。


後半に、おもちゃ屋さんの場面が作中にあります。ここで男の子(私たちは頭の色からみかん君と呼んでいました)は赤い髪の人形(りんごちゃん)におもちゃへの好奇心としての一目惚れをして、お母さんに買ってもらいます。

みかん君はその後お花の王冠をつくってあげたり、人形を大事にしていました。そうやって扱われているうちに、りんごちゃんはみかん君に恋をしてしまいます。

それでもみかん君はそんなことは知らないし、彼女もできます(緑の髪の子は抹茶ちゃんと呼んでいました)。自分以外に心が移ったと思ってりんごちゃんは悲しみ訴えます。しかしその思いが届くはずも無く、作中のガラスを一枚隔てているラストのシーンでりんごちゃんの体が透明に消えかかっていきます。彼女と楽しそうにしているみかん君を見て、自分は人形なんだと諦め、そして消えていきます。


みかん君は一番最後の絵から解るように、人形を今でも部屋に飾って大事にしています。それでもそれは恋とは違います。人間と人形の間の気持ちのズレの切なさを表現したかったと知ってもらいたかったので、ここで解釈を紹介させていただきました。

しかし、解釈は動画を見てくださった方一人一人違ってていいと思っています。今回あげた解釈はその一例としてご参考までに心にとどめておいていただけたら嬉しいです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!^ワ^*


☆追記の裏話なのですが、作中に多くでてくるりんごについて。りんごが神話で「知恵をつける果実」とあることから、「人形がココロを持って、人間に恋してしまった」というテーマとあっていたためモチーフとして使いました。また、りんごちゃんが人形ということで、なるべく無表情になるように心がけました。他にも、人形であることから裸足にしたり、小さい頃と大きくなった後で服の大きさを変えないようにしたり、誰も気にしないようなところに気を配って作りました。笑
ですので、おもちゃ箱のシーンや、着せ替えのシーンを「だからか…!」と言っていただいているコメントを見るたびにほくほくしています^^*

スポンサーサイト
プロフィール

はるはる

Author:はるはる

ゆるゆると活動したい。ニコニコでPVを勝手につけたりしてます。

twitter→ http://twitter.com/haruharu0nico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。