スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勝手にPV】残る夏に花束を【ちょこっとアニメ】

久しぶりの投稿です!
1年と半年ぶり、「繰り返し一粒」ぶりにゆうのうみそとコラボして、勝手にPVをあげました!
今回の曲はnodoka様の「残る夏に花束を」です。切なくて優しい透明感のある素敵な曲です…!

URL↓
【勝手にPV】残る夏に花束を【ちょこっとアニメ】


この場で、ゆうのうみそとわたしのPVの解釈についてまとめましたのでもし興味があったら是非ごらんに成ってください!


nodoka様の『残る夏に花束を』を初めて聞いた時に、真っ先に頭に浮かんだのが人魚の女の子と海辺の町というイメージでした。
そこで思いついたストーリーが、人魚の女の子とひと夏の恋をする男の子のお話、というものです。

主人公の女の子(ひまわりちゃんと呼んでいました)は男の子(海くん)の歌声に惹かれて出会い、仲良くなります。
海くんと話すため、ひまわりちゃんは人間の姿になりますが、彼女は海くんに自分が人魚だということを言い出せずにいます。
また、水に触れてしまえば人魚の姿に戻ってしまうので、海くんがおいでと誘っても海には入れません。(二番の中盤。これはオリジナルの設定です。)
しかしひまわりちゃんは海くんに「大切な話があるの」と切り出します。
いつかは海へと帰らなくてはいけないと、ひまわりちゃんも分かっていました。だからこそ、「忘れないでよ」と海くんに訴えます。

そんなある日、ひまわりちゃんと待ち合わせしていた海くんは、足を踏み外して崖から海へ転落してしまいます。
ひまわりちゃんは咄嗟に、海くんを追いかけ、自分も海へ身を投げました。
水に触れれば人魚の姿へ戻ってしまう。それでも、ひまわりちゃんは海くんを助ける道を選びました。
そうして目の前に現れた彼女の本当の姿を見て、海くんは微笑み、目を閉じます。
けれど次に海くんが目を開けた時、そこにひまわりちゃんの姿は無く、代わりに一面のひまわりの花が彼を囲んでいました。

そして、ひまわりちゃんが姿を消してからも、彼女のことを忘れられなかった海くんは、未だに夏になると満開のひまわりの花束を抱えて
海を訪れます。そして、ひまわりちゃんと過ごした日々が翳らないように、ひとり、海辺で彼女が好きだった歌を歌うのでした。

このお話には根底にアンデルセンの「人魚姫」のストーリーがありますが、今回は現代版人魚姫を描いてみてはどうかと思い、このような作品となりました。

前回の勝手にPVと同じく、楽曲解釈は楽曲を聞いた一人ひとりの方々が、それぞれ考えていいものだと思っています。
今回あげた解釈も、その一例としてご参考までに心にとどめておいていただけたら嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!(*^_^*)




【初音ミクSoft】 アイロニ 【オリジナル曲PV付】

はるはるですこんばんは。
このたびすこっぷさんとのコラボで動画をつけさせていただきました。
URLです↓
【初音ミクSoft】 アイロニ 【オリジナル曲PV付】


すこっぷさんになんどもskype会議をしてもらって作っていった動画なので曲の雰囲気と合ったものができたかなと思っています…!
動画内の女の子はアイロニちゃんと呼んでいました。下のが設定絵です。

アイロニ設定絵


アイロニは、最初曲をもらった時からすごく好きだなって思っていて、この曲にPVをつけることができてほんとうに嬉しいです。すこっぷさん、相談にのってくれた方、そして視聴していただいた方々にこの場で感謝の気持ちを伝えさせていただきます。
ありがとうございました!∪・ω・∪

【勝手にPV(short)】天ノ弱【ほんのちょこっとアニメ】

ごぶさたしてますはるはるです。
164さんの天ノ弱、に一耳惚れしてしまって勝手ながらPVをつけさせて頂きました。
ラスサビまで作ったのですがうまくまとまらず…完成は諦めました。それでもせっかく作ったのでせめて1番だけこっそりアップします。

素敵な原曲様 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14583646

こちらから動画に飛べます↓
【勝手にPV(short)】天ノ弱【ほんのちょこっとアニメ】



作り終わらなかったのに解釈をかくのもおかしい話ですが、自己満足のために簡単に。
男の子はオリジナルキャラクターで天野くん、女の子のキャラクターデザインは鳥越さんの絵から頂いていて、もしかしたらGUMIの亜種のようなものなのかな?とも思ったのですが私はオリジナルのものとして扱い、紙が白いのでシロコちゃんと呼んでいました。

天の邪鬼=天野くん
天性の弱虫=シロコちゃん
という位置づけで、歌詞も色で分割し、二人の台詞みたいにしています。天野くんは彼女だった水色の髪の女の子(あみちゃん)を天の邪鬼ゆえに振ってしまい、シロコちゃんはその天野くんの弱虫であみちゃんに謝れない気持ちが具現化した子という設定です。(だから天野くんがあみちゃんのこと気にするとにやにやしてます)
最後はあみちゃんと天野くんがくっついてハッピーエンド☆とか考えていたのですが…ですが…。


天ノ弱は本当に曲といい、特に歌詞が大好きで700回ぐらい聞いてしまいました。好きです。
今後、リベンジではないですが164さんの他の楽曲にPVを付けたいとおもっています。完成しましたらまたお知らせします。ではでは〜

今更な繰り返し一粒設定画

気付けばあの初登校から半年以上がたっていてびっくりです。フォルダ整理したらでてきたので懐かしいついでに設定資料です!

繰り返し一粒キャラ案


最初はただのオリジナルキャラを作ろうと思ってできたキャラクターで、当時抹茶ちゃんとりんごちゃんは親友、みかんくんとりんごちゃんはなんと双子設定でした!PVでも一緒なのは唯一抹茶ちゃんとみかんくんが付き合ってるところぐらいですね…。りんごちゃんなんて既に人形ですしね…。

【勝手にPV】繰り返し一粒【ちょこっとアニメ】 の解説


前回の記事でいった、「繰り返し一粒」のオリジナルPVについての解釈です。
リンク↓
【勝手にPV】繰り返し一粒【ちょこっとアニメ】


猫虫Pの「繰り返し一粒」の切ない雰囲気は残しつつも、相方と私のオリジナルなものが作りたかった結果できあがったストーリーが「人間に恋した人形のお話」でした。


後半に、おもちゃ屋さんの場面が作中にあります。ここで男の子(私たちは頭の色からみかん君と呼んでいました)は赤い髪の人形(りんごちゃん)におもちゃへの好奇心としての一目惚れをして、お母さんに買ってもらいます。

みかん君はその後お花の王冠をつくってあげたり、人形を大事にしていました。そうやって扱われているうちに、りんごちゃんはみかん君に恋をしてしまいます。

それでもみかん君はそんなことは知らないし、彼女もできます(緑の髪の子は抹茶ちゃんと呼んでいました)。自分以外に心が移ったと思ってりんごちゃんは悲しみ訴えます。しかしその思いが届くはずも無く、作中のガラスを一枚隔てているラストのシーンでりんごちゃんの体が透明に消えかかっていきます。彼女と楽しそうにしているみかん君を見て、自分は人形なんだと諦め、そして消えていきます。


みかん君は一番最後の絵から解るように、人形を今でも部屋に飾って大事にしています。それでもそれは恋とは違います。人間と人形の間の気持ちのズレの切なさを表現したかったと知ってもらいたかったので、ここで解釈を紹介させていただきました。

しかし、解釈は動画を見てくださった方一人一人違ってていいと思っています。今回あげた解釈はその一例としてご参考までに心にとどめておいていただけたら嬉しいです。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!^ワ^*


☆追記の裏話なのですが、作中に多くでてくるりんごについて。りんごが神話で「知恵をつける果実」とあることから、「人形がココロを持って、人間に恋してしまった」というテーマとあっていたためモチーフとして使いました。また、りんごちゃんが人形ということで、なるべく無表情になるように心がけました。他にも、人形であることから裸足にしたり、小さい頃と大きくなった後で服の大きさを変えないようにしたり、誰も気にしないようなところに気を配って作りました。笑
ですので、おもちゃ箱のシーンや、着せ替えのシーンを「だからか…!」と言っていただいているコメントを見るたびにほくほくしています^^*

プロフィール

はるはる

Author:はるはる

ゆるゆると活動したい。ニコニコでPVを勝手につけたりしてます。

twitter→ http://twitter.com/haruharu0nico

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。